ADHDの私が水商売にチャレンジした話

今日も自分にお疲れ様😊

 

最近はまた夜のスナックでちょっと怒られちゃったので反省😅怒られる内容はだいたい、昼の仕事も夜の仕事も同じです。

 

「もっとよく周りを見て、考えて❗️❗️」

 

です。だいたいが。ハイ…😅

 

1つのことに集中すると周りを見ることが疎かになり、言われないと気づかない。

 

同時進行でいろんなことをするマルチタスク、先を予測して動くことが苦手。

 

雑音の中でうまく話を聞き取れないことがある。

 

(この仕事するのに必要な能力がなさすぎる…😅)

 

雑音の中だと気が散ってしまいやすいので、すごく集中しなければいけなくて、それだけでかなりの労力を消費。。

 

例えばスナックだったら、一対一の接客はまだ大丈夫でも、大人数になってくるともう大変です💦がやがやした中で、数人のお客様と会話をしつつ、お酒を作ったり、タバコに火をつけたり、灰皿を片付けたり。

 

先輩方を見ていると、やはりお客様と会話をしながらも周りをよく見ていて無駄なく動いているのがわかります。所作や言葉遣い、立ち振る舞いもひとつひとつきれいで、本当に尊敬します✨

 

ところで、なんでわたしが夜のお仕事で働くことになったかというと、単純にお金に困っていて生活が苦しかったからです😅

 

以前はお菓子作りの仕事がしたくて、アルバイトからの見習いをしていました。ただ、お給料が安くて生活が苦しかったので、休みの日には、単発の派遣に登録し、食品工場などで掛け持ちして働いていました。そんな休みのない生活を続けて、体力気力が限界に…。

 

これじゃ身が持たない。もっと割のいい仕事をしなければ。上京している以上、親にも頼れないし、お金の迷惑はかけられない。

 

こうなったら、もう夜のお仕事しかない。

そう思った私。

 

こういうとき、ADHD特有の行動力発揮✨笑

(ちなみにこの時はまだ自分がADHDだと気づいていません)

 

夜の仕事の知識が何もなかったのですが、キャバクラのようなキャピキャピしたお店ではなく、なるべく落ち着いた雰囲気そうなお店を探しました。

 

そして見つけた一件の求人。

 

ピアノのあるお店で、落ち着いた雰囲気、お客様は紳士的な常連様がほとんどなので安心して働けます。と掲載されていました。

 

なんかわからないけど、直感で、ここにしようと思いました!

 

早速問い合わせて、面接することに…。

 

夜の時間帯でした。恐る恐るドアを開けると、きれいな衣装を着たお姉様たちがたくさん。

 

その瞬間に私は思いました。

 

あぁ、失敗した…

ここはわたしの働く場所じゃない。

わたしみたいな芋っぽい女子なんかが、絶対場違いだ💦

やっぱりやめよう。

こわい。帰りたい。

 

そこではじめて未知の世界に踏み込んでしまった恐怖心が出てきました。

 

かなりビクビクする私。

マネージャーが気づいたのか、

「怖がらなくても大丈夫よ」と声をかけてくれました。

 

とりあえずソファに座ると、履歴書と私の顔をちらちら見るマネージャー。

 

そして、一言。

「履歴書の年齢、詐称してないわよね?」

 

私「えっ?し、してません💦」

 

決して美人でも、スタイルがいいわけでもなんでもない私ですが、以前から、見た目、話し方、雰囲気が実年齢より若く見られることがありました。

(若くというといい感じがするけど、実際には子どもっぽい、幼いが正しいかも😅)

 

マネージャー「へぇ〜、この歳には見えないわね」(当時26歳)

 

軽く話した後、奥の部屋に行き、ママともご対面。

 

きれいにまとめた黒髪に上品な着物姿。

柔らかさの中にも芯の強そうなオーラがある人でした。

 

当時ほとんど化粧っ気のなかった私。

 

ママ「お客様の前に立つお仕事なの。ちゃんときれいにできる?」

 

私「は、はい💦」

 

他にもたぶん、いろいろ言われたのですが、緊張していたこともあり、あまり覚えていません。笑 でも、ママが、この子大丈夫かしらって感じでかなり心配そうな眼差しだったのは覚えています😅

 

「とりあえず一度出勤してみたら?」

 

そう言ってもらい、働いてみることになりました。

 

今思えば、本当にラッキーだったと思います😃

面接時は、当時自分で一番お気に入りだった格好で行ったのですが、丈が長くてゆるっとした森ガール風のナチュラルなワンピース、お花のゆらゆら揺れるイヤリングに、皮のペタンコ靴🌼

 

化粧もろくにしていないし、髪も染めてなく、とにかく田舎っぽい🐄 

 

私がママの立場だったら、雇ってなかったと思う😅

 

働ける女の子がよっぽど少なかったのでしょうが、そんな私を雇ってくれたママとマネージャーには本当に感謝しています😌

 

そんなこんなで、働けることになり、今に至ります。

 

自分の中では、お昼の仕事よりも自由度が高いため、働きやすいです。

 

お店の決まりは多少あるけれど、お客様を呼べるか呼べないかも自分次第です。

 

幸い私は、人の話を聞くのが苦ではないし、お客様から、自分の知らない世界のお話が聞けることが、とても勉強になります。

 

しかも1年半続いている理由は、女の子がみんな仲が良く、お店の雰囲気がいいからというのも大きいです。

 

 お酒はあまり飲める方ではないので、ソフトドリンクにしてもらってますが、タバコの煙や夜に働くという負担、そして年齢的にも、この先も長く続けられる仕事ではないなぁと思っている今現在です。

 

うちのお店は他のお店に比べたら時給はそんなに高くないけれど、それでもやっぱりお昼と比べたら良いです。そこも、あまり慣れてはいけないのかなぁとかいろいろ考えたり…ね。

 

でもこの世界に飛び込んでみて、いろんな人に出会えたのは私の一生の財産です✨

 

いろんな生きる道がある。

行動し続けていれば、人生なんとかなるものなのかな。

 

今日も長くなってしまいました💦

読んでいただきありがとうございます😌